/クリフサイド・エリア/みる/

①11/17(水)~11/28(日) ②11/23(火・祝)~12/2(木)

岩崎博物館(ゲーテ座記念)

①「齋藤眞紀展 -雨の晴れ間に-」②<生誕90 周年>柳原良平・絵本原画展

会場紹介

開港期の西洋劇場跡地に建つファッションとアートの博物館。

学校法人 岩崎学園・横浜洋裁学院(現・横浜fカレッジ)の創立50周年事業の一環として1980年に建てられた服飾資料館。ファッションに関する資料やアール・ヌーヴォー、デコ期の工芸品を展示しています。
また、開港期にあった西洋劇場「ゲーテ座」跡地に建つことから、小劇場「山手ゲーテ座」を併設し、資料コーナーも展示しています。
館内のギャラリー(最大壁面40m) では横浜の作家を中心に、様々なジャンルの展覧会を開催しています。

[料金] 300円(一般)、100円(小人)

[住所] 横浜市中区山手町254

[営業時間] 10:00-17:00(入館〆切16:30) 定休日:月

[WEB] http://www.iwasaki.ac.jp/museum/

[TEL] 045-623-2111

[MAIL] museum@iwawsaki.ac.jp

プログラム紹介

①【齋藤眞紀展 -雨の晴れ間に-】
11/17(水)~11/28(日)
サマセット・モースの『雨』という小説をご存知だろうか?だらだらと降り続く雨は人を狂わす。コロナも同様だ。
我々には、束の間でも良い、「雨の晴れ間」が必要だ。

<齋藤眞紀・プロフィール>
川崎市生まれ。制作は平面、立体、具象、抽象を問わず幅が広い…
その為、「専門は?」と問われるのが一番の弱み。

プログラム紹介

②【<生誕90 周年>柳原良平・絵本原画展】
11/23(火・祝)~12/2(木)
柳原良平さんは船を描く画家として有名ですが、グラフィックデザイナー、イラストレーター、装丁家、絵本作家、アニメーター、文筆家など、どれもが一流で多彩な才能を展開して来ました。
2021 年は生誕90 年になります。
絵本の原画(切り絵)は特に貴重な作品ばかりです。この機会にぜひお楽しみください。

<柳原良平・プロフィール>
1931 年生まれ。1954 年京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)卒業後、寿屋(現・サントリー)に入社。
キャラクター「アンクルトリス」を生み出し広告、出版の世界で活躍。電通賞、毎日産業デザイン賞など受賞多数。
船好きとしても大変に有名で内外の船や港をテーマにした展覧会も多数開催。
2015 年8 月17日84 歳で逝去。
2018年3月27日 横浜市の「横浜みなと博物館」の中に「柳原良平アートミュージアム」が開館されました。

NEARBY VENUES 近くの会場 NEARBY VENUES 近くの会場

11/20(土)~11/28(日)

Tully’s COFFEE & TEA 横浜元町

霜田りえこ作品展「Hug~はなれていても同じ月を見てる」

クリフサイド・エリア

かう

みる

つくる

たべる・のむ

通年

山手資料館

常設展

クリフサイド・エリア

かう

みる

つくる

たべる・のむ

通年

重慶飯店本館

重慶飯店本館外観ファサードと包装紙

クリフサイド・エリア

かう

みる

つくる

たべる・のむ

通年

ローズホテル横浜

李ピアノ

クリフサイド・エリア

かう

みる

つくる

たべる・のむ

11/23(火・祝)

やまのうえ tenjishitsu:Tür aus Holz山元町

やまのうえヴィンテージフェア

クリフサイド・エリア

かう

みる

つくる

たべる・のむ

TOP TOP