MINATO no ART 2022

港町育まれたフィジカルにデジタルが融合。 回遊型アートイベントが横浜で今年も開幕! 港町育まれたフィジカルにデジタルが融合。 回遊型アートイベントが横浜で今年も開幕!

MINATO no ART 2022

11/14 FRI - 31 MON

開港からのストーリー。港町で育まれてきたカルチャー。
そして最新のデジタルアートまで。
身近な場所で、多彩なアートから横浜の“いま”を体感できる芸術の秋。
2回目となる今年は“主催プログラム”も幅広く充実。ギャラリーをはじめ、ショップや百貨店などの各会場がミナトノアートに合わせた特別企画展を開催します。子供から大人まで、初心者もアートファンも楽しめるプログラムをご用意しました。多様な価値観が共存する港町らしく、人それぞれが好みで選べるよう、街や店の垣根を越えて繋がり、皆様をお迎えします。

11/14 FRI - 31 MON

はじめまして。MINATO no ART の楽しみ方 はじめまして。MINATO no ART の楽しみ方

1

地図を片手に
“まち”を巡る

横浜の海沿い半径2km内、約30会場で様々なイベントが開催。当サイト、もしくは当日会場で配布されるパンフの地図を片手に回遊しながらお楽しみください!

2

街なかで展開される
“主催プログラム”に注目

話題のデジタル技術“AR”のアート。横浜駅ビルや百貨店での多彩な展示。 親子で楽しめるものづくり体験やワークショップ、マルシェ。海沿いでの大型展示やライブパフォーマンスなど、 楽しい企画が盛りだくさん!

3

港町横浜の
アートシーンを知る

街なかのギャラリーでは素敵なアートを誰でも買えます。横浜を拠点に活動する魅力的なアーティストたちが沢山います。横浜ではなかなかお目にかかれないアートやアーティストを発信するお店もあります。港町ならではの、多様なアートのカルチャーを知るチャンス!

11/14 FRI - 31 MON

主催プログラムと各会場の営業時間は、それぞれのプログラムページをご覧ください。

主催プログラム“ミナトノ AR アートフェスティバル”のみ 10/1(土)より先行開催。 上記開催期間はイベントとしての期間です。参加店の個別プログラムの開催期間は、上記開催期間を含む前後の日程で実施しているものもございます。 新型コロナウイルス感染症や台風等の影響によりイベントの一部が中止になる場合が御座います。

PUBLIC PROGRAMS 広場のプログラム

MORE

ミナトノARアートフェスティバル

10/1(土)ー31(月) 会場:JR 横浜タワー アトリウム、横浜元町ショッピングストリート、横浜髙島屋、横浜モアーズ、ジョイナス、シァル横浜、ニュウマン横浜、横浜ビブレ、他、横浜西口周辺

COMING SOON

MORE

ミナトノアーティストフェア

10/12(水)ー18(火) 会場:横浜髙島屋 7F インテリアスタジオ
10/18(火)ー31(月) 会場:そごう横浜店 6F インテリアフロア

COMING SOON

MORE

ミナトノテラス

10/25(火)ー31(月) 会場:象の鼻テラス

COMING SOON

MORE

ミナトノ芸術交差展

10/24(月)ー31(月) 会場:JR 横浜タワー アトリウム2F

COMING SOON

MORE

ミナトノファクトリー

10/15(土)ー16(日) 会場:JR 横浜タワー アトリウム2F、3F、4F

ミナトノアートトークショー ミナトノアートトークショー

ミナトノアート2022の開催にあわせて、ミナトノアートの活動を知ってもらうこと、アートをもっと⾝近にすること、横浜で活動する⼈々を紹介することを⽬的に、多くの⼈々が往来するJR横浜タワーにて関係者によるトークショーを⾏います。

10/22 (土) 14:00-15:45
会場:JR 横浜タワー アトリウム2階


❶ミナトノアート 2022って何?
⽥⼝ ⻯太郎(Gallery+Sushi あまね店主、ミナトノアート2022 実⾏委員会委員⻑)

❷ミナトノARアートフェステイバルの紹介
⽥⼝ ⻯太郎(ミナトノARアートフェスティバル プロデューサー)、kenxxxooo(ARアーティスト、ARアドバイザー、横浜⻄⼝ARアートフェスティバル アーティストキュレーター)

❸ミナトノアーティストフェアの紹介
⼤野 愛(ミナトノアーティストフェア プロデューサー、油彩画家、ミナトノアート 2022 実⾏副委員⻑) Kim Iseol(写真家)、Rafael Lima Itoh(画家)

❹ミナトノ芸術交差展の紹介
和⽥ 剛(障害者スポーツ⽂化センター ラポール上⼤岡管理・⽂化事業課) 佐藤 航(ミナトノ芸術交差展 プロデューサー、ガーデングローブ合同会社代表社員)

❺関内外 OPEN!の紹介
安⾷ 真(studio nibroll 所属クリエイティブディレクター/デザイナー、関内外 OPEN!幹事)

❻医療×アート-医療現場の違和感をアートにすると起こること-
横⼭ 太郎(医療法⼈社団晃徳会 横⼭医院在宅・緩和クリニック院⻑) ⻑縄 拓哉(デジタルハリウッド⼤学⼤学院/⻭科医師/医学博⼠/現代美術作家)

パートナーズ

協力
AlphaTheta 株式会社、シャル横浜、ジョイナス、象の鼻テラス、そごう横浜店、株式会社泰有社、ニュウマン横浜、Facebook Japan株式会社、 横浜高速鉄道株式会社、YOKOHAMA Station City 運営協議会、横浜髙島屋、一般社団法人横浜西口エリアマネジメント、 横浜ビブレ、横浜モアーズ、横浜元町ショッピングストリート(五十音順)

共催
横浜市文化観光局

助成
神奈川県マグカル展開促進補助金

デザイン・WEB・映像
タイポグラフィ:大原 大次郎
アートディレクション:三村 漢(niwa no niwa)
デザイン:大貫 茜(niwa no niwa)
WEBエンジニア:亀谷晶太郎

ミナトノアート 2022 実行委員会
委員長:田口竜太郎(Gallery+Sushi あまね、株式会社アマネプロ)
副委員長:大野愛(かもめぐみ)
実行委員:内藤正雄(faboris.inc)、佐藤航(GardenGrove) 、公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 事務局員:木村いよ(Atelier fourteen)、熊田えり子(ikih)

主催・事務局・お問い合わせ
ミナトノアート 2022 事務局 minatonoart@gmail.com



主催プログラム
[ミナトノ AR アートフェスティバル]
プロデューサー : 田口竜太郎
AR アドバイザー : 高松謙一郎(kenxxxooo)
鉄道開業150年×ミナトノアート アーティストキュレーター : 田口竜太郎
元町ハロウィン 2022×ミナトノアート アーティストキュレーター : 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団
横浜西口 AR アートフェステイバル アーティストキュレーター : 高松謙一郎
[ミナトノアーティストフェア] プロデューサー : 大野愛
[ミナトノファクトリー]プロデューサー : 木村いよ、熊田えり子
[ミナトノ芸術交差展] プロデューサー : 佐藤航
[ミナトノテラス] プロデューサー : 内藤正雄

TOP TOP